« 自転車がっつこぎ | トップページ | 12時から »

119番 声が出せない急患「受話器たたいて答えて」

119番 声が出せない急患「受話器たたいて答えて」 東京消防庁ナイスプレー

「救急…」と、かすかな声が聞こえたが、荒い息とともに、まもなく言葉が途絶えた。
…「これは緊急事態だ」と察知した職員は「合っていれば、受話器をたたいて」と男性に呼びかけて二十三区名を順に読み上げたところ、十三番目の練馬区で「トン、トン」と応答があった。職員はこの手順で町名や番地、アパートの部屋番号までを特定し、救急車を向かわせた。
おお。すばらしいね。
宮部みゆきの『龍は眠る』にそういうシーンがあるんだが、この人はそれを読んでいたのかなあ?いつもそういう中に身を置いている人ではあるけど、非常時にとっさに思いつくって、すごいことだ。

|

« 自転車がっつこぎ | トップページ | 12時から »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71994/2988097

この記事へのトラックバック一覧です: 119番 声が出せない急患「受話器たたいて答えて」:

« 自転車がっつこぎ | トップページ | 12時から »