« 大栗まん/サンクス | トップページ | 「ぼったくり」「氏ね」はどこまでが表現の自由? »

BARKS - v.a.(洋楽) : ジミ・ヘンドリックスが“ギター顔”No.1に

BARKS - v.a.(洋楽) : ジミ・ヘンドリックスが“ギター顔”No.1に

これは高音やパワーコードの演奏時に見られる“一瞬の恍惚とした表情”を競うもので、…同時にアマチュアプレイヤーのギター顔コンテストも開催…審査を務めたのはディック・デイル、ロジャー・マッギン(バーズ)、スティーヴ・ヴァイ、J.J.フレンチ(トゥイステッド・シスター)、アール・スリック(デヴィッド・ボウイ)他といったそうそうたる顔ぶれ

いいねいいね。演奏中のイッちゃってる顔コンテスト。ぐルーう゛とらんす!ちょーきんぐえくすたしー!
最終審査には他にカルロス・サンタナ、バディ・ガイ、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、スラッシュ(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー/元ガンズ・アンド・ローゼズ)、テッド・ニュージェント、ジーン・シモンズ(KISS)らが選ばれた。

スラッシュにしつこくGN'Rが書かれているのが涙を誘うね。顔っちゅうよりパフォーマンスとかの全体イメージだけって感じだね(笑)

|

« 大栗まん/サンクス | トップページ | 「ぼったくり」「氏ね」はどこまでが表現の自由? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71994/2560121

この記事へのトラックバック一覧です: BARKS - v.a.(洋楽) : ジミ・ヘンドリックスが“ギター顔”No.1に:

« 大栗まん/サンクス | トップページ | 「ぼったくり」「氏ね」はどこまでが表現の自由? »